膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 歩くときに
    膝がズキズキと
    痛む

  • 膝が
    曲がりにくい

  • 階段が
    おっくうだ

  • 朝起きると
    膝がこわばって
    動きづらい

膝が痛くてウォーキングや階段がつらくなっていませんか?

歩くとき、膝が重い。階段の上り下りつらい。

このような症状でお悩みの方は、中高年を中心に多いと思います。

膝に痛みが出ると毎日の移動がつらくなり、お散歩やスポーツなど、
生活の楽しみも奪われてしまいます。

 

まずは、「なぜ膝に痛みが生じてしまうのか」その原因を知り痛みを予防していきましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

加齢だけではない、膝の痛みの原因

生活の中で大きなストレスとなってしまう膝の痛み。
なぜ、つらい膝の痛みが起こってしまうのでしょうか。


膝の痛みの原因を知るために、まずは膝の役割と仕組みを知ることから始めていきましょう。

 

【膝の役割とは?】

 

膝は、大腿骨と脛骨・腓骨、半月板(膝のお皿)がつながった関節になり軟骨や複数の靭帯に支えられている部位になります。

 

膝は、非常に動かすことが多い部位ですので、痛みを感じやすく、中高年を中心に多くの方が悩まれています。

 

 

【膝の痛みを引き起こす原因】

膝に痛みを感じる主な原因は、次のものが挙げられます。

 

●変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝の関節の軟骨がすり減り膝関節に痛みが生じる症状です。
加齢はもちろんのこと、スポーツなどでの膝の使い過ぎでも発生する可能性があります。

 

●関節リウマチ

関節リウマチは、関節部分に炎症が生じ痛みを引き起こす症状になります。

特に中高年の女性に多く発生し、ホルモンバランスの崩れなどで身体の免疫機能が誤作動を起こし自身の身体の構造を攻撃してしまうことで発生すると言われています。

 

●半月板損傷

歩行中の転倒やスポーツのケガなどにより、半月板が損傷した状態です。
この症状は中高年だけでなく、アクティブに動く若者やアスリートでも注意が必要です。

 

●膝関節靭帯損傷

膝関節靭帯損傷は、スポーツなどでかかる強い力によって膝を支える靭帯が損傷した状態です。

膝の可動域が狭くなり、違和感や痛みを生じます。
予防には、テーピングで膝の関節の動きを適切にコントロールすることが有効となります。

膝の痛みには原因別の対処が大切です

加齢だけでなく、スポーツ中のケガなどでも起こる膝の痛み。

原因ごとに対処法を確認してみましょう。

 

【膝の痛みの対処法】

 

●変形性膝関節症

変形性膝関節症の場合、膝を支える筋力の低下が大きく関わっています。

そのため膝周辺の筋肉を鍛えるためにウォーキングや適度な運動を行うようにしましょう。
膝の痛みは、痛みが弱い状態であれば安静にしているよりも意識的に動く方がよいと言われています。

 

●関節リウマチ

関節リウマチは、免疫機能の不全が原因と考えられています。
免疫機能の低下を予防するためには、食事や睡眠のバランスに気を配りましょう。
発症してしまった場合には重症化する前に医療機関に相談しましょう。

 

●半月板損傷

半月板損傷の場合、無理に動かすと損傷が悪化するリスクがあります。
そのため、まずは膝への負担を避けて安静にすることが重要です。
痛みがひどい場合、鎮痛剤や湿布も利用します。
予防には膝のプロテクターやテーピングを利用し、膝への負担を軽減することが大切です。

 

●膝関節靭帯損傷

膝関節靭帯損傷の場合も、半月板損傷と同じくまずは安静が必須です。
そして、医療機関の処置をうけましょう。

中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

「膝の痛み」に対しては、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシングを行い炎症状態を抑えていきます。

急性期を過ぎると、ハイボルト療法除痛早期回復を目指していきます。

状態の確認を行い、必要に応じて各種テーピングを行います。

急性期の後の回復期ではリハビリに移行して、痛めた部分を温めて循環を良くしたり、超音波療法温熱療法筋膜リリースにて早期回復に努めていきます。

状態によっては姿勢のゆがみが原因になっている事もあるので、全身の矯正を行なっていきます。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)を使った施術になります。
高電圧の刺激を身体の深部に浸透させることで、痛みや神経痛の緩和や、血行を促進させることで回復を早める効果が期待できます。
また、痛みやしびれの原因を見つけ出す検査として使用したりインナーマッスルの活性化も期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させていきます。
除痛効果や、圧力(負荷)の軽減などにも効果的です。
また、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があり目的により使い分けていきます。
ケガの早期回復を目指す目的で使用する場合、患部の動きをよくするため、「サポート」目的で使用する場合、圧迫による痛みの緩和を目的としている場合、患者さんの目的により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを施します。

 

■骨格矯正

骨盤が前や後にズレてしまっている状態を整えたり、頚椎(首)や肩甲骨、股関節の状態や可動などをみて全身のバランスを整えていきます。
バキバキと大きな音を立てたり、痛みを伴うような施術はいたしませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「筋膜」という骨や筋肉、内臓を覆っている薄い膜の圧力を抜くことで緩めていく施術です。
癒着してしまっている筋膜を緩めることで、血液やリンパの流れを促進し自己治癒力を高めていきます。
また、筋肉の動きをスムーズにすることで早期改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

手技にて足首のズレを整えることで、蓄積されていた余分な水分や老廃物を流し、循環不全による「腰痛」などの症状や「むくみ」「冷え」の改善を目指します。
一日中座っている方や、立ちっぱなしの方におすすめしている施術です。

 

■カッピング

近年、アスリートや海外セレブなども注目している施術となり、透明なカップを患部にあて滞った血液を吸い上げて循環をよくして筋肉を緩める施術法です。
老廃物の排出が促され疲労回復効果や、身体が楽になる、動きがよくなるなどの効果が期待できます。
また、カッピング中にふくらはぎにホットタオルをあてることでむくみの改善にも効果が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させることでさまざまな不調の緩和を促す施術です。
痛みやしびれの緩和や自律神経の乱れによる症状改善に効果が期待できます。
鍼や灸は一度きりの使い捨てです。

 

■温熱療法

患部をあたためることにより血液や疲労物質の流れを促進していきます。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

身体への負担も少なく 若い方からご年配の方までさまざまな年齢の方におすすめしています。

著者 Writer

著者画像
岩井 雄仁
資格:
柔道整復師、鍼灸師、猫背矯正アドバンスマイスター
出身:
千葉県船橋市
好きなスポーツ:
サッカー、野球、陸上
一言:
1人1人に寄り添いながら笑顔を作れるようにサポートさせていただきます!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央整骨院 (小岩院)
住所〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7-26-19
最寄:総武線「小岩駅」南口より徒歩1分
(ダイソー小岩サンロード店並び)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中