打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 物に強くぶつけ
    青あざができた

  • 転倒しお尻を
    打ち痛い

  • タックルを受けた箇所が腫れている

  • 棚に強打して
    から痛みが
    続く

「たかが打撲」と放置していませんか?

打撲を経験したことがある人は多いかと思います。


打撲とは身体に鈍的な外力を受けて、炎症や痛みや内出血を伴う筋肉の損傷のことです。


「たかが打撲」と放っておきがちですが、
しっかりと対処をしないと後々あざが残ったり、
痛みが長く続いたりする場合があります。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲は程度によって注意が必要な場合があります

打撲は、「打ち身」とも呼ばれコンタクトスポーツによる衝撃や、転倒、強打により発生する外傷(ケガ)のことを言います。

日常でも比較的よく起こるケガとなり、負傷後なにも処置せず放置してしまうケースも多くあります。

 

そんな「打撲」ですが、その程度によっては痛みや腫れなどが強く出てしまう可能性があるため、十分注意が必要です。

 

 

【打撲の症状】

 

●痛み

打撲で多くみられる症状として代表的なものは「痛み」です。

打撲の痛みは、受傷直後よりもしばらく時間がたってから強く痛みが出たり、損傷の程度が強いと安静時でも、うずくような痛みが続く場合もあります。

 

●炎症

強い衝撃を受け損傷状態が激しい場合は、打撲箇所とその周辺が炎症を起こして赤くなったり、内出血を起こし青紫色に変色する場合があります。

 

●腫れ

内出血をしている場合、その患部に腫れがみられます。
頭部を打った場合は、コブができることもあります。

 

●運動制限

運動制限関節に近い所を打撲した場合は、関節運動に制限が出てきます。

 

打撲は、そのまま放っておくと組織が固まってしまい痛みやしびれを感じやすくなるため、単なる打撲と軽視せずしっかりと処置を行うようにしましょう。

 

打撲は筋肉の損傷です。まずはRICE処置をしましょう

身体を強くぶつけてしまったときは、早めに処置を行うことが早期回復の近道となります。

事前に適切な対処法を知っておくことで、腫れや痛みを最小限に抑えましょう。

 

【応急処置の基本、RICE処置】

 

打撲や捻挫など急性のケガの際にはまずはRICE処置を行うようにしましょう。

 

・安静(REST)

患部を安静にし、腫れや内出血の進行を抑えるようにしましょう。

 

・冷却(ICING)

患部を冷やすことにより、腫れを抑え痛みを和らげる効果があります。

 

・圧迫(COMPRESSION)

患部を圧迫することにより、腫れを抑える効果があります。

 

・拳上(ELEVATION)

患部を心臓より高い位置に挙げることにより、血液の循環を抑え内出血を抑える効果があります。

 

【必要があればテーピングを】

 

打撲をした際は基本的には安静にする必要がありますが、大事なスポーツの試合にどうしても出場したいという場合などにはテーピングによるサポートが有効です。

 

テーピングには次の3つのメリットがあります。

 

・患部を圧迫して試合の間だけでも痛みや腫れを抑える
・関節を固定して運動のサポートや制限をする
・綿をあてることで同じ箇所への打撲を防ぐ

 

ただし、テーピングはあくまでも一時的な処置になりますので、試合後はすぐに安静にし医療機関にみてもらいましょう。

そのまま放っておくと痛みや腫れが悪化したり、後遺症を残してしまう可能性があります。

中央整骨院の【打撲】アプローチ方法

打撲は、受傷直後や痛めた後など急性期はアイシングを行い炎症と腫れの軽減を図っていきます。

その後は、ハイボルト療法で鎮痛や早期回復を目指していきます。

また、必要に応じて各種テーピングや圧迫する為の包帯固定を行います。

急性期の後の回復期ではリハビリに移行して、痛めた部分を温めて循環を良くしたり、超音波の音波と温熱効果で早期回復に努めていきます。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「骨折・脱臼」「捻挫」「挫傷」「むちうち」などのケガに対して保険を使用することが多くあります。
ケガをしてしまう原因は患部以外の場合もあるので、身体全体をまずはカウンセリングでしっかり確認します。
施術方法として、超音波やハイボルトを使用することが多いです。 症状により、テーピングなどを使用する場合もあります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)を使った施術になります。
高電圧の刺激を身体の深部に浸透させることで、痛みや神経痛の緩和や、血行を促進させることで回復を早める効果が期待できます。
また、痛みやしびれの原因を見つけ出す検査として使用したりインナーマッスルの活性化も期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させていきます。
除痛効果や、圧力(負荷)の軽減などにも効果的です。
また、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があり目的により使い分けていきます。
ケガの早期回復を目指す目的で使用する場合、患部の動きをよくするため、「サポート」目的で使用する場合、圧迫による痛みの緩和を目的としている場合、患者さんの目的により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを施します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「筋膜」という骨や筋肉、内臓を覆っている薄い膜の圧力を抜くことで緩めていく施術です。
癒着してしまっている筋膜を緩めることで、血液やリンパの流れを促進し自己治癒力を高めていきます。
また、筋肉の動きをスムーズにすることで早期改善を目指します。

 

■温熱療法

患部をあたためることにより血液や疲労物質の流れを促進していきます。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。
身体への負担も少なく 若い方からご年配の方までさまざまな年齢の方におすすめしています。

著者 Writer

著者画像
岩井 雄仁
資格:
柔道整復師、鍼灸師、猫背矯正アドバンスマイスター
出身:
千葉県船橋市
好きなスポーツ:
サッカー、野球、陸上
一言:
1人1人に寄り添いながら笑顔を作れるようにサポートさせていただきます!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中