外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 歩くときに
    親指の関節部が
    痛い

  • 親指が
    小指の方に
    変形している

  • 扁平足だが
    外反母趾と
    関係あるのか
    知りたい

  • ハイヒールを
    履かないが
    外反母趾に
    なった

外反母趾は女性に多く発症します

外反母趾は見た目の変形だけでなく、
激しい痛みや、その痛みを庇うことで
歩き方が変わってしまうこともあります。

 

その原因として、ハイヒールなどのつま先が狭くなっている靴や足に合っていない靴などが
挙げられ、特に女性に多くみられます。

 

外反母趾がきっかけとなり、身体のバランスが崩れさまざまな不調が現れる前に
適切な対処を行いましょう。

外反母趾改善メニュー Recommend Menu

外反母趾の主な原因は生活習慣にあります

外反母趾は、親指がくの字に曲がるという見た目の変化だけでなく、悪化してしまうと激しい痛みを伴います。

 

気づいたらいつの間にか変形してしまっていることも多く、具体的に原因は判断しづらい症状でもあります。


そのような「外反母趾」は大きく分けて、生まれたときから変形しやすい要因を持っている「先天性」のものと、生まれた後の生活によって変形をきたしてしまう「後天性」の2つに分けることができます。

 

 

【先天性の外反母趾】

 

●遺伝

お母さんやおばあちゃんに外反母趾がある場合、遺伝として生まれつき外反母趾になる場合があります。

●指の形

親指が人差し指より長い場合、外反母趾になる場合があります。

●関節が緩い

生まれつき関節が緩い方は変形しやすくなります。

 

【後天性の外反母趾】

 

後天性の外反母趾の場合、さらに「外因性」と「内因性」に分けられます。

 

■外因性

 

●生活習慣

外反母趾の原因で最も多いと言われていることが生活習慣によるものです。

歩く機会が減り運動不足になっている方や、べたべたと歩くような癖がある方などは外反母趾が起こりやすいと言われています。

 

●ハイヒールを常用する

運動靴の場合、足の裏全体に体重がかかり負担を分散してくれますが、ハイヒールを日常的に履いている方は、足の指に常に体重を乗せて歩いていることになります。

面積だけでみると足の裏の約5分の1だけで体重を支えることになり、さらに歩くときの地面からの衝撃も加わるため、指先にかかる負担は単純計算で運動靴の5倍以上になり外反母趾が生じやすい状態になります。

 

■内因性

 

●女性である

外反母趾の多くは女性に発症します。これは女性の方が男性より関節が柔らかく、また筋力が低いためだと言われています。

 

●関節の変形

関節リウマチや変形性関節症を持っている方は外反母趾を併発してしまう可能性があります。

外反母指を防ぐためには生活習慣を変えることが第一歩です

見た目の変形だけではなく、身体への影響も大きく与えてしまう外反母趾。

どのようにすれば外反母趾を防げるのか、ご自宅で対策されたいという方も多いかと思います。

ここでは外反母趾によって引き起こされる症状と対処法をご紹介していきます。

 

【外反母趾によって引き起こされる症状】

 

●痛み

足の親指の根本が曲がり変形することで、骨が突き出てしまい、履物などに擦れることで激しい痛みを感じます。
外反母趾が進行してしまうと突き出てしまった骨の周辺に腫れやタコができることもあります。

 

●足底アーチの崩れ

足の裏は、縦アーチ(内側)、縦アーチ(外側)、横アーチの3つのアーチ構造をしています。
この3つのアートは体重を分散し足にかかる負担を軽減する役割を担っています。

それが外反母趾からの痛みにより歩き方が変わり、体重をかけるバランスが崩れることでアーチ構造が崩れ体重の分散がきちんと行われなくなり負荷がダイレクトにかかってしまいます。

 

●偏平足

外反母趾になると歩く機会の減少によって筋力が低下したり、足底アーチ崩れることによって偏平足になってしまいます。

偏平足になるとさらに体重を支える際の負担が増えてしまうため、変形の悪化や姿勢の崩れ、歩く際の身体のふらつきが増加してしまいます。

 

【日常生活でできる対策】

●靴を変える

ヒールを履いてしまうと外反母趾のリスクが増えるため、歩きやすい運動靴をなるべく履くようにしましょう。

また、鼻緒の付いた履物を履くと指の間隔が広がるため、変形を抑えることができます。

 

●ストレッチや筋力の強化をする

指や足のストレッチや足底筋を鍛えることにより、痛みや変形の改善を行うことができます。

 

●指の間隔を広げる

手やものを利用して指の間隔を広げるようにしましょう。
指の筋肉も同時動かすため、指の曲げ伸ばしや前後左右に動かしてみましょう。

中央整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾に対しては、炎症や腫れをみてとれる場合はまずアイシングをしていきます。

また、痛みを和らげ、回復を早めるために筋膜リリース超音波を行います。

足のアーチが低下することにより外反母趾になりやすくなるので、状態に合わせてテーピングを行っていきます。

姿勢が前側重心になってしまっている方は、親指に負荷がかかり外反母趾になりやすい状態にあるため、猫背矯正全身矯正を行い、簡単な自宅で出来る運動療法をお伝えしています。

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)を使った施術になります。
高電圧の刺激を身体の深部に浸透させることで、痛みや神経痛の緩和や、血行を促進させることで回復を早める効果が期待できます。
また、痛みやしびれの原因を見つけ出す検査として使用したりインナーマッスルの活性化も期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させていきます。
除痛効果や、圧力(負荷)の軽減などにも効果的です。
また、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があり目的により使い分けていきます。
ケガの早期回復を目指す目的で使用する場合、患部の動きをよくするため、「サポート」目的で使用する場合、圧迫による痛みの緩和を目的としている場合、患者さんの目的により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを施します。

 

■骨格矯正

骨盤が前や後にズレてしまっている状態を整えたり、頚椎(首)や肩甲骨、股関節の状態や可動などをみて全身のバランスを整えていきます。
バキバキと大きな音を立てたり、痛みを伴うような施術はいたしませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「筋膜」という骨や筋肉、内臓を覆っている薄い膜の圧力を抜くことで緩めていく施術です。
癒着してしまっている筋膜を緩めることで、血液やリンパの流れを促進し自己治癒力を高めていきます。
また、筋肉の動きをスムーズにすることで早期改善を目指します。

 

■超音波療法

患部にミクロレベルの高周波振動を当てることで、身体の中で行われる働きを利用し回復を促したり、炎症や腫れを抑えていきます。
患部を温める目的で、温熱療法として用いることもあります。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させることでさまざまな不調の緩和を促す施術です。
痛みやしびれの緩和や自律神経の乱れによる症状改善に効果が期待できます。
鍼や灸は一度きりの使い捨てです。

 

■温熱療法

患部をあたためることにより血液や疲労物質の流れを促進していきます。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

身体への負担も少なく 若い方からご年配の方までさまざまな年齢の方におすすめしています。

著者 Writer

著者画像
岩井 雄仁
資格:
柔道整復師、鍼灸師、猫背矯正アドバンスマイスター
出身:
千葉県船橋市
好きなスポーツ:
サッカー、野球、陸上
一言:
1人1人に寄り添いながら笑顔を作れるようにサポートさせていただきます!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央整骨院 (小岩院)
住所〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7-26-19
最寄:総武線「小岩駅」南口より徒歩1分
(ダイソー小岩サンロード店並び)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中