肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • ふくらはぎに
    激しい痛みを
    感じる

  • ふとももが
    激しく痛む

  • ぶちっという
    嫌な音がした

  • 肉離れの
    再発が怖い

一瞬で歩けないほどの激痛がおこる「肉離れ」

「ぶちっ」という嫌な感覚とともに激痛が走る肉離れ。

ふくらはぎに起こるイメージのある肉離れですが、
筋肉がある部位であればどの部位でも起こる可能性があります。

 

特に普段運動をしていない方は、
しっかりとウォーミングアップをして肉離れを予防していきましょう。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの症状とその原因とは

運動量の激しいスポーツを行うときに発生するイメージの多い肉離れですが、実際には日常生活の中でも発生することがあります。

まずは、そんな肉離れとはどのような状態なのかからお話していきたいと思います。

 

【肉離れとは】

 

肉離れは、ふくらはぎや太ももにある筋肉の一部または全部が断裂した状態を指します。

肉離れ自体は、筋肉のある部位であればどこにでも発生する可能性がありますが、とくに足の「ふくらはぎ」に発生することが多く、「ぶちっ」というにぶい感覚が走り、激しい痛みに襲われることが一般的です。

症状としては、「痛み」そして患部の「腫れ」「内出血」になります。

 

※肉離れの症状や発生状況は「アキレス腱断裂」の腱へのダメージとよく似ていると言われています。
腱の断裂の場合には痛みが現れる部位が関節部分になることが多く、痛みの程度も起き上がることができないほど激しいものです。

 

【肉離れの原因とは】

 

肉離れはスポーツ中のケガであるという印象が強いですが、実は原因はそれだけではありません。

 

●足に強い負荷がかかった場合

肉離れの一番の原因は、足への強い負荷です。
例えば、運動不足の状態で急にダッシュしたとき、走っていて急に立ち止まったときなどに生じやすいと言われています。
また、普段から運動している方でも準備運動が不足していたり、筋肉への疲労が蓄積していると肉離れを起こしやすくなります。

 

●足のつりからの肉離れ

寝ているときなどに生じる足のつりも肉離れの原因となります。

筋肉がつるという状況は、水分不足や栄養不足が大きく影響「筋肉が急激な収縮」を起こしている状態になります。

筋肉が収縮しているときに、筋肉に負荷が生じることで肉離れへと発展してしまうケースもあります。

 

●飲酒後

飲酒をする機会が続いているときにも肉離れは発生しやすいと言われています。
アルコールは、身体の水分を外に排出させる作用があります。
すると体内では水分不足が起こり筋肉にも水分が行き渡らず緊張状態になりやすくなり、肉離れを起こしやすいと言われています。

 

●身体が冷えているとき

冬場や冷房の風が直に当たってしまっているときなど、身体が冷えているときは血流が悪化し筋肉の柔軟性が失われてしまうため肉離れを起こしやすくなります。

肉離れなどのケガは応急処置が大切です

スポーツ中だけでなく、日常生活の思わぬ場面でも発生してしまう肉離れ。

負傷直後の適切な処置が大切になります。
肉離れかどうかわからない場合でも、まずは応急処置を行い痛みや腫れを最低限に抑えていきましょう。

 

【応急処置の基本はRICE処置】

 

肉離れなどの応急処置には、応急処置の基本動作の頭文字をまとめたRICE処置を覚えておくとよいでしょう。

 

・R:Rest(安静)

肉離れが発生してしまった場合、まずは患部を動かさず安静にします。
無理に起き上がろうとしたり足を動かそうとしたりすると筋肉へのダメージを深めてしまうことになるため、患部の固定が大前提です。

 

・I:Ice(冷却)

肉離れによって生じた炎症を和らげるためアイシングを行います。アイシングには氷嚢や冷却スプレーを用います。

 

・C:Compression(圧迫)

肉離れは、筋肉と一緒に血管へのダメージが生じ内出血を伴います。
内出血を悪化させないよう、患部の周辺を圧迫し出血を抑えます。

 

・E:Evaluation(挙上)

挙上とは、患部を心臓より高い位置に持ち上げる動作を言います。
挙上を行うことで、患部の腫れと内出血を緩和する効果が期待できます。

 

肉離れは、筋肉の部分・完全断裂という身体にとっては相当なダメージが生じてしまうケガです。

適切な処置をせず放置してしまうと、筋肉の再生が正しく行われず将来の歩行に不具合をきたしてしまう場合もあります。

 

【再発も多い肉離れ】

 

肉離れは、同じ部位の再発も多いケガになります。

同じ部位で肉離れが何度も再発してしまう場合、患部周辺の筋肉や骨格のバランスに問題がある可能性があります。

長期間肉離れした足をかばって歩いていると、身体がゆがんで足以外の部位に痛みが生じることもあります。

応急処置後は早めに、医療機関や接骨院・整骨院などにみてもらいましょう。

中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

「肉離れ」などの外傷に対しては、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシングを行い炎症や腫れを最小限にとどめる処置を行っていきます。

急性期を過ぎると、ハイボルト療法にてアプローチをして除痛早期回復を目指していきます。

状態の確認を行い、必要に応じて各種テーピング包帯固定を行います。

急性期の後の回復期ではリハビリに移行して、痛めた部分を温めて循環を良くしたり、超音波療法温熱療法、筋膜リリースで早期回復に努めていきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「骨折・脱臼」「捻挫」「挫傷」「むちうち」などのケガに対して保険を使用することが多くあります。
ケガをしてしまう原因は患部以外の場合もあるので、身体全体をまずはカウンセリングでしっかり確認します。
施術方法として、超音波やハイボルトを用いることが多いです。 症状により、テーピングなどを使用する場合もあります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)を使った施術になります。
高電圧の刺激を身体の深部に浸透させることで、痛みや神経痛の緩和や、血行を促進させることで回復を早める効果が期待できます。
また、痛みやしびれの原因を見つけ出す検査として使用したりインナーマッスルの活性化も期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させていきます。
除痛効果や、圧力(負荷)の軽減などにも効果的です。
また、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類があり目的により使い分けていきます。
ケガの早期回復を目指す目的で使用する場合、患部の動きをよくするため、「サポート」目的で使用する場合、圧迫による痛みの緩和を目的としている場合、患者さんの目的により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを施します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「筋膜」とおう骨や筋肉、内臓を覆っている薄い膜の圧力を抜くことで緩めていく施術です。
癒着してしまっている筋膜を緩めることで、血液やリンパの流れを促進し自己治癒力を高めていきます。
また、筋肉の動きをスムーズにすることで早期改善を目指します。

 

■超音波療法

患部にミクロレベルの高周波振動を当てることで、身体の中で行われる働きを利用し回復を促したり、炎症や腫れを抑えていきます。
患部を温める目的で、温熱療法として使用することもあります。

著者 Writer

著者画像
岩井 雄仁
資格:
柔道整復師、鍼灸師、猫背矯正アドバンスマイスター
出身:
千葉県船橋市
好きなスポーツ:
サッカー、野球、陸上
一言:
1人1人に寄り添いながら笑顔を作れるようにサポートさせていただきます!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院 公式SNSアカウント 中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中